法人情報

ブッダプログラムのビジョン

一般社団法人ブッダプログラムのビジョン

自らの神聖さをあなたの導きとしなさい。
それは宇宙の理そのものなのだから。
ゴーダマシッダルダ・ブッダ最後の言葉

私たちがここで提供するものは「人間の全的発達のプロセスをうながすためのプログラム」 です。
すでに時代は新しい扉を開き、人類はこれまで体験したことがない領域からの光を目の当たりにしています。
インターネットによるグローバル化により、人類の意識はこれまで個別で体験していたことを、
人類全体で共有するようになりました。

これまでは個別に分類され、それぞれのカテゴリーで行われていた事物が、一斉に混ざり合い、
どこからどこまでが何に属する、という境界線が消えてしまったのです。
かつての時代の学びとは能力や才能など伸ばし、それぞれの分類のどこかの領域のみを発達させていれば、
外側の現実に適応できる、という考え方が主流でした。

しかし私たちはいま、まったく新しい学びを必要としています。
それは「すべての人生のプロセスのなかで必要とされるものを知り、体験するための学び」。
仕事、人間関係、健康などを、それぞれバラバラに扱い、断片化された人生の場面だけで活用できるもの学びから、
人間存在の本質を取扱うことで、人生のすべての場面で活用できる学びへ。

この二つの学びの転換の真っただ中に、いま私たちは存在しているのではないでしょうか?
外側で認められる価値ある何かを得ることができれば、幸せになれると信じ込んでいた時代から、
自分自身が信じられるそれぞれの価値を見出し、内なるほんとうの豊かさを得る時代へと私たちは移行しつつあり、
そのなかで最も大切となるものは、
「人生を導く本質的なビジョン―ほんとうの生きがい―」であることは、誰もが気がつきはじめています。

私たちがここで伝えていく学びのプログラムは、学問、科学、宗教など、
特定の体系のカテゴリーに皆さんを導くものではありません。
古今東西のあらゆる「普遍的な人間の成長のプロセス」を扱い、
現代に最も適した形で提供することで、本質的な人間の可能性を解き放ち、
これからやってくる新しい時代へと適した人材を育成することを目的としています。

神聖さとは、外側の神を信じることではありません。
神聖さとは、「自分を知りたい」という欲求のことです。
人間の可能性が大きく開かれる時代のなかで、
最もふさわしい導き手は、あなた自身の内側にある「自らを知り、
可能性を解き放ちたい」という欲求―神聖さ―そのものなのです。

もしあなたが、この現実に違和感を感じ、何か別の可能性がこの世界にはあるのではないかと感じるなら、
それはまだ見ぬ世界を知る、あなた自身の神聖さの導きによるものといえるでしょう。
さあー。
あなた自身を知る壮大な旅をここからはじめましょう。

斉藤つうり

齊藤つうり プロフィール 


 齊藤 つうり( Turi Saito )

一般社団法人ブッダプログラム代表理事。僧侶・アカシックリーダー。
山梨県甲府市の寺院に生まれる。21歳で出家後、僧籍に従事。16歳にて、父の死が契機となり、人間の死、自分自身と人間存在についての探求と研鑽を開始。仏教、心理学、神秘学等を研究。数多くの神秘体験や体外離脱体験を得る。
また仏教や様々なスピリチュアルな体系を超えた、人間の普遍的な変容のプログラムとして「ブッダプログラム」を展開。 
全国で活動を展開し、アカシックリーディング個人セッション、ワークショップ、スクール等を通じ、クライアントや参加者と関わり、からだ、こころ、たましいの全体をとらえた本質的な人間の変容をサポートする。 

著書&CD紹介

Return Top