個人セッション

アカシックレコード

アカシックレコードとは?

インターネットとは目に見える情報の総体そのものであり、パソコンやスマートフォンなどでインターネットの情報を読み取るように、アカシックレコードとは目に見えない情報の総体そのものであり、私たちひとりひとりはアカシックレコードにつながっている端末機器のようなものです。

そしてアカシックレコードにつながっていない人は誰もいません。

いまこの瞬間も、あなたは人生に対するあらゆる反応の情報をアカシックレコードに刻み続け、また同時に人類の集合意識が体験しているあらゆる情報を、あなたは受け取り続けているのです。

何気なく思いついたことが近しい家族や友人と同じことだったという、いわゆるシンクロニシィの現象。そして虫の知らせで事前に出来事を避けることができたり、また夢のなかで実際に起こることをそのまま見たりといった予知の現象。

これらは私たちひとりひとりがアカシックレコードという大きな情報のネットワークを共有しているために起こる現象なのです。

アカシックレコード その他のメニュー

齋藤つうり:アカシックレコードリーディング(個人セッション)
アカシックレコードから見る個人の魂や肉体の情報は、まるで人生の地図のようなものです。
その全体を見通しながら、個人的な見解や、善悪の判断をはさまない中立的な情報をそのままクライアントにお伝えしていきます…
詳しくはこちら

インドラネットとアカシックレコード
インターネットの語源とアカシックレコードのつながりについて。
アカシックレコードの概念を、華厳経に書かれたインドの神話がとても上手に説明してくれています。

記事はこちら

世界中で見られるアカシックレコード
そもそもアカシャとはサンスクリット語で、虚空を意味します。虚空とは空間を意味し、私たちが立つ大地に対し、どこまでも広がり、目には見えないけれどすべてを包むこの空間を表すものです。
記事はこちら

アカシックレコードに関する記事

 

Return Top