ワークショップ

弥勒力 WS

弥勒力ワークショップ

働くを変える!

いま訪れている「弥勒の時代」の特徴を知り、
「瞬時に生み出す力」を身につけ、まったく新しい仕事を作り出し、
ほんとうの豊かさを生きるための1日のワ-クショップです。
※ 弥勒(菩薩)の時代とは、集合意識の内側にある、原型的な理想郷のイメ-ジです。

これから仕事が変わります。
これまでのやり方は通用しません。
これまで安定して守られていた仕事のほとんどがこの10年でなくなるでしょう。

それはあらゆるものが完全に平等であり、すべての人が自らの真実に目覚め、
平和と豊かさに包まれるという理想郷を、次世代のブッダ(マスタ-たちを束ねる存在)である、
弥勒という存在に投影したことから、仏教を信じる人々の心の内側に在りつづけてきたものといえます。

さて。私は現代の時代は、すでに弥勒の時代に入っているととらえています。
あらゆるものが平等化し、目覚めが起こる時代。
その時代のなかで、大きく変わるものは「仕事」、そして「働き方」です。
平等化の波のなかで、これまであなたを連れてきてくれたレ-ルは消えてしまいました。
これから仕事と呼ばれるものは「創造するもの」へと変化していきます。
あなたの「仕事」をいま大きく変えるときがやってきています。
あなたが自分自身の源とつながるなら、仕事は魂の表現となります。
しかし、外側のものに合わせていこうとするなら、
たとえそれがスピリチュアルと呼ばれる領域の仕事ですら、
「後追い」であり、それは常識の範囲内となります。
これまでの常識にしがみつくか、新しく踏み出すのか?
答えはもうでているはずです。

【講義&ワ-ク内容】
  • 弥勒の時代とは平等と個性化の時代。これまでのやり方は通用しない
  • これまでの安定した仕事のほとんどは10年で消えていく/li>
  • 働くことは「瞬間に生み出すこと」という考え方が今後の常識となる
  • 生み出す力を獲得する、パワフルなエネルギ-ワ-ク
  • いまの仕事を辞めたいなら、絶対にやっておくこと
  • 「ほんとうにやりたいことを仕事にする」を、現実にするための3ステップ/li>
  • スピリチュアルと収入、両方満たす人になるには?
  • マインドフルネスの本当の活用法
  • ワークショップ1週間前に課題提出、終了後にも課題提出により内容を現実へと定着


あなたの目の前の日常を見渡してみましょう。
インタ-ネットが隅々まで普及し、グロ-バリズムが極限まで推し進められてきた今、
地域、人にまつわる「ここだけのもの」という境界線は消えさっています。
かつては町のお店まで買いに行っていたものを、ネットで簡単に注文できるようになり、
直接、店へ足を運ばなくなったという経験は、多くの人に当てはまることではないでしょうか?

また仕事の上で、同じことを同じようにやっているにも関わらず、
客数が減り続けているという現実に直面していることも、多くの人に当てはまるかもしれません。

何がこれまでと変わったのでしょうか?
景気が悪くなったのでしょうか?
世の中がせちがないのでしょうか?
いいえ。違います。
仕事そのもののとらえ方を変える時代がやってきたのです。
すごくシンプルにいうと、これまで仕事というものは、行き先が決まっているレールのようなものでした。
外側に決められたものがあり、その外側の決められたものに自分を適合させていく。
外側のものとは、学歴、資格、その場所でのル-ル、時間の制約、場所など。
それら外側のものにどのようにすれば適合できるのか、ということが最も大切なことであり、
それが仕事と呼ばれていた時代が終わりつつあるのです。
はっきりいいましょう。
それがどんなに収入が高い仕事であろうとも、社会的な地位が高い仕事であろうとも。
もしあなたが外側に自分を適合させていこうとするなら、その先に未来はありません。
これからの仕事と呼ばれるものは「瞬間瞬間生み出していくもの」というものへと変わっていきます。
いままでだってそんな意見はあったし、創造力が大切だというお題目は分かっている、
とあなたは思うかもしれません。

そしてまた、それは現実をしらない人の意見であって、現実はけっして創造力など必要としていない。
それは夢であって、現実は甘くないものだと、感じる人もいることでしょう。
しかし思い出してください。
つい100年前まで、仕事というものは、ほとんどが生産にまつわるものでした。
特に日本は農耕民族ということもあり、人々の仕事と呼ばれるものは、
農作業にまつわるものがほとんどであり、サ-ビスや、管理といったものが仕事になる立場の人は、
ごくごく一部に限られていました。
産業革命が起こり、それまで田畑を生業としていた人たちは、急激に生活を変化させざるを得ませんでした。
生産業は、機械がやってくれるようになったのです。
そして人々は生産したものをいかに扱っていくのかというサ-ビスへと仕事は移っていき、
そこで生まれた金銭により実際にものや人を扱わない仕事という概念がはじめて生まれたのです。

さて。そんな話をしたのには理由があります。これと同じことが現代でも起こっていますからなのです。
インタ-ネットが普及し、AIがこれから更なる発達を遂げていく中で、
これまで人間が行っていた仕事のほとんどは、それらにとって代わっていくでしょう。
これまで人間が起こってきたサ-ビスの面を機械が行う時代がやってきました。
効率と、正確さが第一の仕事であればあるほど、それらは人間の仕事ではなくなっていきます。
人の温かみが必要な部分でさえ、機械が行う正確さの前には、なすすべもなく、
仕事は奪われていくでしょう。
しかしこれらはよい兆候なのです。
ただ生産し、効率を追い求め、正確に行っていくというかつての
仕事を人が行う必要がなくなったととらえる視点さえ、あなたが持つことが出来れば。
そのうえで人にしかできないことがあります。
それは「生み出すこと」。
瞬間瞬間、アイディアを産み出し、固まった事態をひっくり返すこと。
これまであった発想をすべて含みながらも超えていくこと。
この力が人にしかできないことであり、またこの力こそ「弥勒の力」と私が呼ぶものです。
弥勒の力とは、いま起こっていることを、誰かの手によらず自分自身でとらえ、瞬間的に反応できる力。
誰にでもこの力はありますが、眠っている状態の人も多いことでしょう。
これからの働くはこなしていくということから「新しく生み出すこと」にほかならない、
という感覚へと時代は大きく変化していくことでしょう。

このワークショップは
いま訪れている「弥勒の時代」の特徴を知り、
「瞬時に生み出す力」を身につけ、
まったく新しい仕事を作り出し、豊かさを生きるためのワ-クショップです。
また開始一週間前に課題を提出していただき、当日のワ-クでその内容を深めていきます。
また終了後にも、内容を定着させるための課題を行っていただき、
講師とのメ-ルによるサポ-トがあります。

徹底的な現実目線で、あなたが実際にどんな仕事をし、いま何をすることで、
今後につながっていくのかということを、
参加者ひとりひとりがつかむことができるようプログラムされています。

私が今回お伝えし、皆さんとワ-クしていく内容は、何かに気が付いている人、
気が付きつつある人たちにとって、とても大きなターニングポイントとなることと確信しています。

募集中のワークショップ&イベントNEWSはこちら

ワークショップ&イベントに関する記事

Return Top