アカシックレコード

アカシックリーダーサミット2021.1 

アカシックリーダーサミット2021.1 

アカシックリーダーサミット2021.1 
情報をアップデートし、グレートリカバリー(超回復)へ向かう
2021年1月31日(日)13-18時

大変容の2020年を過ぎ、2021年も引き続き、人類の集合意識は変容の真っ只中にいます。コロナによる重傷者、死者は大幅に増え続け、世界中でまさに猛威を奮っています。それに伴い、経済や産業、今後の生活などは、先の見えない暗闇につっぱしっていくかのようです。またアメリカの大統領選にともなう暴動や弾圧により、アメリカの基盤そのものが揺れています。

様々な予想が飛び交うなか、ほんとうにたしかなものは「誰もが変化のなかにいる」ということだけなのかもしれません。

アカシックレコードとは人類の集合意識の総体であり、それは人類が有史以前から体験したすべての記憶・記録の集大成であるとされています。また別の側面から見えれば、アカシックレコードとは、普段はバラバラの個体であるように振る舞っている人類が、クラウド的なデータバンクとして共有している場でもあります。アカシックレコードにアクセスするならば、人類の歴史とは繰り返しであることがわかるでしょう。

戦争や疫病といったイベントは200年ほどのサイクルで人類が繰り返し体験しています。通常外へ外へと向かう人類の意識は、戦争や疫病のイベントの期間、内面へ向かいます。
外へ外へと意識が向かう際、自我的な部分がより発達し、経済的効果が増し、文明の進化が際立つ反面、無意識の力、魂の力、本質的な生命力は徐々に枯渇していきます。内へと意識が向かう際には、自我的な部分ではどうにもならない状況のなか、文明の進化は一時的に滞り、経済効果は止まります。
しかしこの際、無意識の力、魂の力、本質的な生命力は回復していきます。

人間の一生を振り返るならば、仕事、結婚、子育てなど外へ向かって自分を拡大させていく時期と、内面へ向い、いったい自分は何をやっているのかと振り返る時期があることは誰でも体験があることでしょう。けれど全体を通してみたときに、外と内へ向かう時期とはバイオリズムのように、おとずれるものであり、悩み、自分を見つめた時期があったからこそ、その先の未来が開けたという体験はまた、誰にも思い当たるはずです。

2021年、人類は内面へと向かう時期にあります。

コロナウィルスの影響により、外への発展が難しいために、これまで何をやってきたのかを振り返り、人間とはいったいどのような存在なのか、これからどこへ向かうのかを誰もが内面の深くに見出す時期となることでしょう。

大切なものは外側にあるのではなく、内側にあることを見出し、愛、無限の可能性とは、こころのなかにあるということを誰もが悟るでしょう。それは人類の無意識の力、魂の力、本質的な生命力を回復させるための必然的なイベントであるともいうことができるかもしれません。

そして内面が繋がりあった人類の意識は「超回復―グレートリカバリー―」を遂げ、再び外へ向かって動き出すことでしょう。

超回復とは酷使した肉体が十分な休息をとることで、以前よりも力が増す回復のことを意味していますが、人類もまた外へ向かった意識を休めたことで、本質的な力を身につけ、新しい現実へと踏み出す時期は必ず訪れることでしょう。

さてー。

前置きがすこし長くなりましたが、この度ブッダプログラムでは、前回に引き続き「アカシックリーダーサミット」を2021年1月に開催します。

前回は2020年春の緊急時代宣言のなかで行われましたが、今回もまた2021年の緊急事態宣言のなか、アカシックリーダーたちがオンライン上で一同に集まる機会を用意しました。

今回の目的は「超回復―グレートリカバリー―」。

2021年初頭の現在では、どのようにして人類が今後、超回復を遂げるのかは明確ではありません。様々な予想や見解は飛び交う現在、ひょっとしたら最もたしかなものとは、人の内面深くにあるのかもしれません。

アカシックリーダーの本質的な役割はそこにあります。外へ向かう自我的な意識には限界があり、わかることをわかるようにすること、つまり解決させようとします。しかし内へと向かう無意識的な働きは、わからないことをわからないままに、つまり解決しようとしないのです。

この無意識的な働きこそ、アカシックリーダーが担うものであり、理性的な判断が得られにくい状況だからこそ、意識の根底に流れてくる小さな音に心の耳を傾ける必要があるのです。

今回のサミットでは、まず齊藤つうりより、現在起こっていることに関する、アカシックリーダーが知っておくべき情報と知識をお伝えします。そして2021年から先の超回復―グレートリカバリー―に関する情報をグループで扱い、また個々人にとっても必要な情報を得るためのワークを行っていきます。リーディングやワークを通して、あなた自身の今後の指標や、むかうべき方向が示されることでしょう。そしてサミットの最後には、アカシックレコードの深い領域へと一同に介したリーダーたち全員で入っていくこととなるでしょう。そして世界の状況とあなた自身との深い繋がりのなかで、超回復のプロセスを経ていきます。

参加資格は前回と同様、「アカシックリーディングをこれまでに習得した人」となります。
団体やグループ、誰から習ったなどは一切問いません。もちろん独学で習得された人もいることでしょう。
こちらでは参加資格に関する判断はいたしませんので、自己申告にてお申し込みください。

二度目の緊急事態宣言のなかだからこそ、アカシックリーダーたちが集う意義があると私は感じています。

どうぞ多くのアカシックリーダーの皆さんとお会いできることを心待ちにしています。

2020年1月16日 齊藤つうり

 

 

【ワークショップ内容】

🔹2021年アカシックリーダーが知っておくべき知識と情報
🔹女性生の重要性と超回復について
🔹アカシックリーダーの役割と現時点での有用性
🔹小グループでの超回復にむけてのリーディングとワーク
🔹大グループでの超回復にむけてのリーディングとワーク
🔹2021年1月のアカシックレコードへのアクセスとワーク

これらのワークは進行により異なる場合があります。

「ズーム」を使用したオンライン形式のワークショップです。オンライン形式のため、全国・世界のどこにいても、まるで目の前で講師が話しているかのような感覚でワークショップに参加することができます。また質問や参加者同士の交流もあり、一体感のある時間を過ごすことができます。もしも当日オンラインでのご都合が合わない場合でも、講義後、1ヶ月間は録画されたストリーミングビデオを見ることができます。

 

スケジュール

アカシックリーダーサミット
日 程 2021年1月31日(日)
時 間 13:00〜18:00
定 員 70名
料 金 16,500円(税込)
場 所 ご自宅(Zoomによるオンライン受講)
本講座はオンラインによるライブ配信での講座となります。
ご入金確認後、事務局より申し込み確定メールが送信されます。 またズームURLワークショップ前日に送信されます。
クレジットカード決済でのお支払いをご希望の方はご予約時に備考欄にご記載ください。

 
※本講座はZoomによるオンライン配信となります。
※Zoom配信リンクは前日にご案内いたします。

※本講座終了後しばらくはストリーミング配信をご視聴いただけます。

ご予約はこちら

下記リストの「○」をクリックしフォームよりご予約いただけます。

アカシックリーダーサミット2021.1
13:00 注記

ご予約受付を開始しました。
定員になり次第受付を終了いたします。

※ ご予約の前にご利用規約をご確認ください詳しくはこちら
※ クレジットカード決済ご希望の方はお申し込みフォームメッセージ欄にその旨ご記載ください。
※ 通信エラー等でご予約が完了できない場合はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

Return Top